新型「ノア」ならびに「ヴォクシー」を発売

Photo:(左) HYBRID Z。(中央)ノア HYBRID S-Z。ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャインはメーカーオプション。(右)ヴォクシー HYBRID S-Z。


ノアならびにヴォクシーをフルモデルチェンジし、1月13日(木)より長野トヨタにて販売(*1)を開始しました。

*1. ハイブリッド車は2022年1月下旬より生産


2001年11月に発売したノアとヴォクシーは、乗り降りしやすいスライドドア、多くの人や荷物を乗せられる広く快適な室内空間など、ミニバンならではのうれしさを徹底して追求したコンパクトキャブワゴンとして開発。日本の家族に愛され育まれたクルマとして、今でもファミリーを中心とした多くのお客様に支持されています。


4代目となる新型ノアならびにヴォクシーは、みんなでやりたいことを詰め込んで出かけたくなる「より快適に」「より便利に」「より安心な」ミニバンとして誕生しました。クルマの骨格となるプラットフォームに、TNGAプラットフォーム(GA-C)を採用。

初代から受け継ぐ、優れた「パッケージング」と「使い勝手」の良さといったうれしさを一層深化させるとともに、最新の先進装備を採用することでミニバンとしての魅力をさらに追求。

ノアは「堂々・モダン・上質」と「王道・アグレッシブ」の2つのキーワードに、ヴォクシーは「先鋭・独創」をキーワードとして、特長をより際立たせた個性的な3つの世界観でデザインしました。


詳細はこちら