地域の防災貢献– SUSTAINABILITY –

ゼロカーボン化と地域の防災貢献に向けて

ユーグループ本社のプリズムビルは、ゼロカーボン化に向けた取り組みと地域の防災貢献の第一歩として水素エネルギーシステムを本社ビルに導入しました。
この水素エネルギーシステムでは電力供給が可能のため、災害発生時に地域の皆様の避難場所として活用ができます。
そして、システムから発生させる水素は再生可能エネルギーから作られる「グリーン水素」と呼ばれ、CO₂を排出しない水素です。作る工程からCO₂を排出しないので、環境にもやさしいシステムです。

2階屋上(イメージ)

水素エネルギーシステムの導入目的

2050年のゼロカーボンに向けた取り組みとして、水素を活用した次世代エネルギー利用の検討を始めました。
本社プリズムビルに再生可能エネルギーを有効利用する水素エネルギーシステムを導入することで、激甚化する災害に対して地域へ防災貢献の一つになればとの思いから計画が動き出しました。

導入にあたり、環境省の補助金*に採択され、「ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」の改修において水素エネルギーシステムを建物に導入する取り組みは日本初となります。
*令和2年度業務用施設等におけるネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化 ・省CO2促進事業 レジリエンス強化型ZEB実証事業

災害時の対策支援について

ユーグループは長野市と災害時における対策支援に関する協定を締結しています。
災害の発生、または発生する恐れがある際にビル1階~3階を開放し、地域住民の皆様や帰宅困難者の受け入れとビル3階の一部を長野市の防災連絡拠点として使用します。
また、お手洗いや物資、道路・鉄道などの公共機関の情報提供を行い、受け入れた方々の安全確保に努めます。

水素の活用方法  

・災害時にはビル1階~3階に水素エネルギーシステムから電力供給を行い、帰宅困難者や地域住民の方々の避難場所として約130名の受け入れ体制を整え、停電時には3日間の電気の提供が可能になります
・将来的には燃料電池から発生する余熱で野菜や果物を栽培し、ビル1階にあるレストラン、「イニツィア・ラ・クチーナ」にて活用する予定です

SDGsへの取り組み

ユーグループはSDGsの目標達成に向け、地域への貢献活動を日々続けています。今回の水素エネルギーシステムの導入もSDGsの取り組みの1つとして行っています。

環境にやさしく災害に強い水素エネルギーシステムの活用

◆水素利用のメリット

水素エネルギーの特徴

水素は利用時にCO₂を排出しない、環境にやさしいクリーンな二次エネルギーです。
再生可能エネルギーを水素にし、長期間・大量貯蔵をしておくことで万が一の災害の際もエネルギー供給が実現できます。

季節をまたいだエネルギー運用が可能

貯蔵したエネルギーは減らないため、暖房・冷房などの空調を頻繁に使用しない春や秋に発生する余剰電力を水素に変えて貯蔵しておき、夏や冬など空調を使用する際に貯蔵していた水素を利用するといった、季節ごとの需要に応じたエネルギー運用が可能になります。