SUVのカテゴリーを超えた新時代のSUV。ハリアーがフルモデルチェンジ

Photo:G“Leather Package”(ハイブリッド・2WD)。ボディカラーのプレシャスブラックパールはメーカーオプション。■写真は合成です。


 フルモデルチェンジしたハリアーを6月17日に発売しました。


新型ハリアーは、見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視。実用性や、数値一辺倒ではない、人の心を優雅に満たしてくれるただひとつの存在を目指し開発しました。


それは、SUV のカテゴリーを超え、“より人生を豊かにするパートナー”という新たな価値を提示したものです。


他のSUV と一線を画す、シンプルながらもエレガントさと逞しさが融合した流麗なクーペフォルム。


乗り込んだ瞬間に分かる、安心感に包まれる上質な室内空間。走り出せば感じる、意のままの走りが醸し出す心地よさや、静かな車内でごく自然に仲間と会話ができる楽しさ。


こんなハリアーとの時間が、心を豊かにしてくれます。


<新型ハリアーの特長>


1. 流麗でスタンスの良いプロポーション
 ・フロントアッパーグリルからヘッドランプへと流れるような連続性により、精悍かつシャープな印象を際立たせたフロントビュー。“シグネチャーランプ(*1)”は、遠くからでも新型ハリアーと分かる個性と先進性を強調。
 ・シンプルな構成でありながらもダイナミックにボディ断面が変化しているサイドビューが、豊かな表情を創出するとともに強い動感を表現。
 ・絞り込まれたクーペキャビンと、スポーツカーのように左右に張り出したホイールハウスとの組み合わせが、大らかな逞しさを演出するリヤビュー。細く、鋭く、横一文字に光るテールランプとストップランプが圧倒的な存在感を付与。
 ・プレシャスブラックパールをはじめ、彩度を抑えたカラーを中心に全7 色を設定。陰影の美しい変化をアピール。


*1.  「特徴的」を意味するシグネチャー。ここでは、新型ハリアーならではの特徴的なデザインとして、二重のL 字型に発光するLEDデイタイムランニングランプを指す。[LEDデイタイムランニングランプは、Z“Leather Package”、Z、G“Leather Package”、Gに標準装備]

Photo:Z“Leather Package”(ハイブリッド・2WD)。メーカーオプション装着車。

Photo:Z“Leather Package”(ハイブリッド・2WD)。メーカーオプション装着車。


2. 心地良い、上質な室内空間


 ・馬の鞍をイメージし、幅広く堂々としたセンターコンソール。それを挟み込むインストルメントパネルとの組み合わせが「大らかな逞しさ」を演出し、その個性を強調。
 ・インストルメントパネルから左右のドアトリムにかけて、ボリューム感豊かに、大らかな広がりを演出。包み込まれるような安心感と居心地の良さを提供。
 ・厚革を曲げてできる自然なシルエットをイメージし触り心地にもこだわったレザー調素材や、「曲木(まげき)(*2)」に着想したウッド調加飾、パイピング加飾を随所に配し、さりげない上質感を演出。
 ・調光パノラマルーフをトヨタ自動車初採用(*3)。前席中心に後席の頭上まで覆う大きな調光ガラスを用いることで、調光時には、障子越しのような柔らかい光が差し込む上質な空間を醸成。


*2.  木材を蒸したり、または煮沸して塑性(そせい)を増大させ、金型にはめてそのまま乾燥し、望みの曲線に整形する木工技法。また、その技法により製作された製品。
*3. 2020年6月現在。Z、Z“Leather Package”にメーカーオプション設定。


Photo: Z“Leather Package” (ハイブリッド・2WD)。内装色はブラック。メーカーオプション装着車。

Photo: 調光パノラマルーフ


3. 走る歓びと上質な乗り心地
 ・クルマの骨格となるプラットフォームには、TNGA プラットフォーム(GA-K)を採用。ボディの高剛性化・低重心化を図り、ドライバーの感性を重視した乗り心地と走りの両立を追求。
 ・サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにダブルウィッシュボーン式を採用。バランスの取れた高剛性ボディにおいて、前後のサスペンションジオメトリを最適化。ドライバーが予測できるクルマの動きを求め、目線の動きに着目。視線がブレないことで、ドライバーが疲れにくく、そして重厚感としなやかさをあわせもつ「乗り心地」を追求。
 ・走り出した瞬間や高速走行時の車両挙動の収束性を向上するため、極微低速域(*4)でもスムーズなストロークの動きを確保したショックアブソーバーを採用。接地感あるフラットな乗り心地を実現。
 ・ブレーキ制御によりコーナリング中のアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシストを搭載。切り始めのレスポンスが良く、軽快な操舵感を持つ電動パワーステアリングと相まって、意のままに車両をコントロールする心地よさを実現。
 ・ハイブリッド仕様には、2.5ℓダイナミックフォースエンジン(A25A-FXS)を採用したハイブリッドシステムTHSⅡを搭載。E-Four(電気式4WD システム)(*5)と組み合わせた4WD 車は、力強くシームレスな走りとともにWLTC 走行モード燃費21.6km/ℓ(*6)を実現。選択肢を広げる新設定の2WD 車もWLTC 走行モード燃費22.3km/ℓ(*6)を達成。
 ・ガソリン仕様には、2.0ℓダイナミックフォースエンジン(M20A-FKS)にDirect Shift-CVT との組み合わせをラインアップ。ダイレクト感ある走りとともに優れた低燃費を追求し、WLTC 走行モード燃費は、2WD 車で15.4km/ℓ(*6)、4WD 車で14.7km/ℓ(*6)を達成。
 ・吸遮音材・制振材の効果的な配置や高遮音ガラスの採用など、徹底した振動、遮音対策により、様々な道路環境においても心地よい静粛性をさらに追求。


*4. ショックアブソーバー内のピストン速度が2mm/s 以下の場合。
*5. E-Fourは、機械式4WDとは機構および性能が異なります。さまざまな走行状態に応じてFF(前輪駆動)走行状態から4WD(4輪駆動)走行状態まで自動的に制御し、安定した操縦性・走行の安定性および燃費の向上に寄与するものです。■路面の状況、勾配、高速等の走行環境によってはガソリン4WD車に比べ、十分な駆動力が得られない場合があります。
*6. 国土交通省審査値。WLTC モードは市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。



Photo: Z(ガソリン・2WD)。メーカーオプション装着車。■写真は合成です。


4. 「安全・安心」「快適・便利」な先進装備


 ・歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備。
 ・駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)](*7)などの安全・安心をサポートする装備も充実。
 ・デジタルインナーミラー(前後方録画機能付)をトヨタ自動車初採用(*8)。従来のデジタルインナーミラーに、新たに追加した前方カメラとデジタルインナーミラー用後方カメラが捉えた走行中の映像を、SD カードに録画する機能を新たに搭載。
 ・アクセサリーコンセント(AC100V/1500W)をハイブリッド車に設定。家庭用と同じコンセントを通じて、電化製品を使用できるほか、停電などの非常時には発電機として使用可能。
 ・T-Connect SD ナビゲーションシステムは、12.3 インチTFT タッチワイドディスプレイを採用。SmartDeviceLink™(*9)やApple CarPlay(*10)/Android Auto™(*10)などのスマートフォン連携機能にも対応。JBL プレミアムサウンドシステム(9 スピーカー)が、先進かつ臨場感のある音響空間を構築。


*7. インテリジェントクリアランスソナーは自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。■ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります、必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
*8. 2020年6月現在。
*9. SDL:SmartDeviceLink™ は、SmartDeviceLinkConsortium の商標。スマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソース。
*10. Apple CarPlay は、米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標。Android Auto は、Google LLC の商標。


■取扱い販売店:
長野トヨタ

長野トヨペット
       
トヨタカローラ長野

ネッツトヨタ長野