新型BEV「bZ4X」登場

Photo:Z(4WD)。ボディカラーのブラック×プレシャスメタルはメーカーオプション。メーカーオプション装着車。■写真は合成です。

新型BEV(*1)bZ4Xを、2022年5月12日(木)より長野トヨタならびにトヨタレンタリース長野にて申込み受付開始予定です。

<bZ4Xの概要>

コンセプトは「Activity Hub」
乗員全員が楽しい時間や空間を共有できる、ワクワク感のあるクルマを目指し、インテリア、スタイリング、運転感覚、走行性能など、各分野で革新にチャレンジ

e-TNGAの考え方に基づくBEV専用プラットフォームをSUBARUと共同開発し、トヨタ初採用
一台のクルマとして魅力のある、BEVならではの滑らかで意のままになる走行性能と、本格SUVの走破性を追求

BEVの安心と安全を追求
‣高い電費性能(128Wh/km*²)、実用上十分な航続距離(559km*²)を確保。また世界トップレベルの電池容量維持率(10年後90%*³)を目標に開発、安心して長く使えるBEVを追求
‣電池自体の高度な安全性追求に加え、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」や全方位衝突に対応するボディ構造、衝突時の保護性能確保に寄与する電池パックなどを採用し、より安全にお乗りいただけるBEVを追求

「お客様の不安解消」と「カーボンニュートラル(CN)への貢献」のためリース販売
‣BEVの電池性能・メンテナンス・残価に関するお客様の不安の解消と、電池を全数管理し3R(リビルト・リユース・リサイクル)を含め無駄なく使いCNに貢献するため、全数リースで販売

‣ 個人のお客様にはサブスクリプションサービス*⁴(サブスク)「KINTO」専用プランでご提供
・ 最長10年、電池性能を保証。5年目以降は月額を毎年段階的に引き下げ中途解約金もゼロに
・ コネクティッドサービス利用費用等の諸経費を月額利用料に含む
・ 技術革新に合わせ、お乗りのbZ4Xを進化させる取り組みにも挑戦

Photo:Z(FWD)。右側から、ボディカラーはブラック。ボディカラーのプラチナホワイトパールマイカ、ブラック×エモーショナルレッドⅡ、ブラック×プレシャスシルバー、プレシャスメタルはメーカーオプション。ボディカラーはダークブルーマイカ。メーカーオプション装着車。■写真は合成です。

*1. BEV:Battery Electric Vehicle(電気自動車)
*2. 交流電力量消費率、一充電走行距離ともに数値はFWD・18インチタイヤ装着車。WLTCモード・国土交通省審査値
*3. 電池セル単体を用いて、当社設定の平均的な使用方法を想定した試算値。車載環境における実際の電池容量維持率は、お客様の使用状況、使用環境や運転方法に応じて異なりますので、10年後の電池容量維持率90%をお約束するものではありません。なお、日本国内においては、メーカー保証とBEVバッテリーサポートプラスにて10年20万km(電池容量70%)を保証。海外においても各地域の実態に即した保証及びサービスを準備
*4. 車両代金・自動車保険・自動車税・メンテナンス代などを月額に含めたフルサービスリース

■bZ4Xの詳細はこちら

TOP