トヨタ ユーグループと長野県「包括連携協定書」を締結

長野トヨタ自動車株式会社(社長:宇都宮進一)をはじめとするトヨタ ユーグループ9社*は、長野県が掲げる「しあわせ信州」の実現に向け、県との連携を強化し、官民一体となったモビリティサービスの推進等による地域活性化と生活の質の向上に寄与することを目的に、包括連携協定の締結を行いました。


 協定には、地域産業の振興や、くらしと地域交通サービス、交通安全対策や防災・減災など、大きく5項目の連携事項が盛り込まれています。


 トヨタ ユーグループが自治体と包括連携協定を締結するのは、9月の駒ヶ根市に続いて2例目となります。


■連携協力事項


(1)2050ゼロカーボンの実現に関すること
(2)くらしと地域交通サービスの充実に関すること
(3)交通安全対策に関すること
(4)産業振興に関すること
(5)防災・減災に関すること

をはじめとして、今後連携を深め協働で取り組んでいきます

なお、当日は長野県庁 3階 特別応接室にて阿部知事と宇都宮代表の出席のもと、締結式が行われました。

*:Uホールディングス、長野トヨタ自動車、長野トヨペット、トヨタカローラ長野、ネッツトヨタ長野、トヨタレンタリース長野、トヨタエルアンドエフ長野、ユー・ボディアンドペインティング、宇都宮商会

TOP