軽快な走りに強さ、広さ、最先端をのせて。新型車ヤリス クロスを発売

Photo: (左)Photo:HYBRID Z。ボディカラーのブラックマイカ〈209〉×ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉[2KR]はメーカーオプション。(右)Photo:X(4WD)。ボディカラーはシルバーメタリック〈1L0〉。

ヤリスシリーズならではの「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費(*1)」を受け継いだコンパクトSUV「ヤリス クロス」が誕生しました。


<主な特徴>
・SUVならではの力強さ、存在感を表現したバランスのよい洗練されたプロポーション
・ユーティリティ性にこだわり抜いた荷室空間でアクティブライフをサポート
・様々な路面状況に対応できる4WDシステムを、ガソリン車およびハイブリッド車双方に採用
・ハイブリッド車は、SUVの常識を超えた低燃費を実現(*1)
・多くの方が乗るコンパクトクラスだからこそ、「安全・安心」「快適・便利」な先進装備を多数搭載


■走行性能
ガソリン車ではアクティブなSUVの走りを堪能できる機能を搭載。ハイブリッド車では、雪道などでも安心な、電気式4WD「E‐Four」(*2)を設定。


ガソリン4WD車には、オフロードや滑りやすい路面における走破性の向上に寄与する、路面状況に応じた走行支援を3つのモード(MUD&SAND/NORMAL/ROCK&DIRT)から選択できる「マルチテレインセレクト」を採用しました。


ハイブリッドE‐Four車には、アクセル操作に対するトルクを制御し、雪道など滑りやすい路面でのスムーズな発信に寄与する「SNOWモード」および悪路において接地するタイヤに適切な駆動トルクを配分することで、スムーズな脱出に役立つ「TRAILモード」採用しました。


また、新世代ハイブリッドシステムは、力強くシームレスな走りとともに、「HYBRID X(2WD)」グレードで、WLTCモード30.8km/L(*1)の低燃費を実現しました。

マルチテレインセレクト(ガソリン4WD車)


取扱い販売店:
長野トヨタ


*1. 国道交通省審査値。燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
*2. E-Four(電気式4WDシステム)は、機械式4WDとは機構および性能が異なります。さまざまな走行状態に応じてFF(前輪駆動)走行状態から4WD(4輪駆動)走行状態まで自動的に制御し、優れた操縦安定性の確保および燃費の向上に寄与するものです

TOP