後付け「踏み間違い加速抑制システム」の実演を行いました

6月20日(木)に、トヨタ ユー・グループ 本社プリズムビルにて「踏み間違い加速抑制システム」の

実演を報道関係者向けに行いました。


「踏み間違い加速抑制システム」を取り付けた車両を壁の約1m手前に用意し、

運転手役がアクセルを強く踏み込みましたが、警告音と共に車体がわずかに動いたのみで

車止めに乗り上げず、加速を抑制するシステムの効果を体感していただきました。(*)


近年、ドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違い事故が、社会問題として取り上げられています。


トヨタ ユー・グループではペダルの踏み間違い事故が少しでも減少するよう、今後も普及を行ってまいります。


(*)本システムは加速を抑制しますが、自動で停止する機能ではありません。運転状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。


■「踏み間違い加速抑制システム」の詳細・装着可能車種はこちら

2019年6月現在では装着可能車種は8車種ですが、10月には「カローラアクシオ」・「カローラフィールダー」・

「パッソ」、12月には「ヴィッツ」にも設定を拡大する予定です。