ホーム > ルーミーを一部改良・特別仕様車も発売

ルーミーを一部改良・特別仕様車も発売

2018年11月01日



Photo:ルーミー(左)カスタムG-T、(右)特別仕様車 G“Cozy Edition”(2WD)ともにオプション装着車。

子育てファミリーを始め、幅広いお客様の日常にジャストフィットする「ルーミー」を一部改良するとともに、
特別仕様車「G“Cozy Edition”(コージーエディション)」を発売しました。
※「Cozy」……快適な・居心地の良い

[主な改良点]
・衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を標準装備(Xグレードを除く)
「スマートアシストⅢ」は、歩行者認識機能がついた衝突回避支援ブレーキ機能を装備し、安全運転をサポートします(*1)。
「スマートアシストⅢ」に装備の「誤発信抑制制御機能(前方・後方)」は、約10km/h以下で障害物を認識し、踏み間違い(必要以上にアクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザー音とディスプレイ表示でドライバーの注意を喚起します(*2)。


[特別仕様車 G“Cozy Edition”の特長]
・人気のパッケージを標準装備
Gグレードをベースに「ナビレディパッケージ」「コンフォートパッケージ」を装備しました。
・撥水機能付シートを標準装備
インテリアの質感を向上させるとともに、撥水機能付シートを標準装備。室内の快適性を向上させました。

この他にもたくさんのおすすめポイントがございます。
ぜひ一度お近くの店舗へご来店下さい。

■取扱い販売店:
長野トヨタ
トヨタカローラ長野

(*1)■スマートアシストⅢに頼った運転は絶対に行わないでください。スマートアシストⅢは、ドライバーの判断を補助し、事故被害の軽減を目的としています。脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。運転時は常に先行車や歩行者との距離や周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど距離を保ち、安全運転を心がけてください。
■スマートアシストⅢの認識性能・制御性能には限界があります。ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。
■雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日射しの状況によってはステレオカメラ、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。
■作動条件下であっても、システムが作動しない場合があります。
■このほか、スマートアシストⅢについて重要な注意事項が記載されておりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。(*2)

(*2)■エンジン出力を制限することで、急な発進を抑えます。

■ハンドルを切ったり、ターンシグナル(方向指示灯)を使用している時は、右左折の意志があると判断し、システムは作動しません。
■ワイパーを高速で使用中は、ソナーセンサーによる誤発信抑制制御機能のみ作動停止します。
■制御時間には制限があります。一定時間アクセルペダルを踏み続けるとアクセル操作に応じて加速しますのでご注意ください。