春の1時間スペシャル!「沖縄・宮古島」篇

2016年5月28日(土)15:30~16:25放送

今回は春の1時間スペシャル。南国・沖縄が旅の舞台です。神秘の鍾乳洞に感動し、三線ライブで大盛り上がり。
泡盛や沖縄グルメも「てんこ盛り」です。美しい沖縄の風景とともにお送りする1時間、たっぷりお楽しみください。

「うちな~ファーム」で南国体験

那覇市の南に位置する糸満市にやってきました。ふれあい観光農園として去年リニューアルオープンした
「うちなーファーム」です。園内では、野菜の収穫やパークゴルフ、動物との触れあいなど、色々な体験ができます。
収穫したサトウキビを絞った「サトウキビジュース」を味わったり、のんびりと南国の風を感じる「水牛ライド」を満喫しました。



離島の魅力を集めた 「離島マルシェ」

春菜ちゃんが、離島の魅力を調べようとやってきたのは、那覇市国際通り。去年オープンしたのが、国際通り屋台村です。
20軒の飲食店が並ぶ屋台村ですが、その一角にあるのが「離島マルシェ」。「離島のいいモノ、アツマルシェ」をコンセプトに、島々の情報発信や特産品を紹介しています。離島の魅力をリサーチしながら、屋台村で沖縄料理を楽しみました。



いざ宮古島へ!美しい橋をドライブ

人口約5万5千人。面積158,57㎡の宮古島。ブルーの海は、沖縄屈指の美しさと言われています。島内には美しい白砂のビーチや景勝地が点在しています。2人は去年、完成したばかりの伊良部大橋をドライブ。全長3,540mで無料の橋としては日本最長の観光スポットです。



宮古島の伝統 泡盛の蔵元へ

琉球泡盛の「多良川」にやってきました。多良川は昭和23年の創業以来、伝統の技法にこだわり泡盛をつくり続けています。案内してもらったのは洞窟貯蔵庫。地下約5メートル、長さ60メートルで、年間を通して温度と湿度が安定しています。ここではお客さんが買った泡盛を5年間保管し、古酒にしてくれます。西澤さんと春菜ちゃんもこの蔵にお酒を預けました。
5年後が楽しみです。



三線が彩る 琉球料理

宮古島最初のグルメの舞台は「泡盛と沖縄料理 郷家」。泡盛で乾杯した後は
ラフテーやジーマミー豆腐、テビチ、海ブドウなど沖縄でしか味わえない料理に舌鼓を打ちました。
この店の魅力は毎晩実施される「三線ライブ」。春菜ちゃんもいつの間にか、他のお客さんと盛り上がり、
思い出深い夜となりました。



カヤックで行く!神秘的な鍾乳洞

宮古島の南部・保良川ビーチへとやってきました。 鍾乳洞にはカヤックで行きますが、この日は波が高く、悪戦苦闘。
それでも何とか入り口に到着しました。鍾乳洞に入っていきなり現れるのは、カボチャ型の巨大な鍾乳石。この鍾乳石を登って奥に進みます。流れ落ちる水、カーテン状の鍾乳石。何万年もかけて作り出された自然の造形美は、感動を与えてくれます。



「幻の高級和牛」宮古牛の味とは!?

宮古島焼肉の火神は希少なブランド牛を中心に、県産食材にこだわる炭火焼肉店です。
幻の高級和牛と言われる宮古牛。春菜ちゃんが選んだスペシャルメニューが「シャトーブリアン」です。
ヒレ肉の中心部で柔らかさはピカイチ。500kgの牛から1~2kg程度しか取れないという貴重なお肉を味わいました。



高さ60mの空中散歩!パラセーリング

真っ白なパウダーサンドが7㎞に渡って続く与那覇前浜。海を舞台に遊ぶ「マリンアクティビティ」が楽しめるスポットです。
今回、体験したのは「パラセーリング」。高いところが苦手な西澤さんは1回、得意な春菜ちゃんは2回体験しました。
高さ60メートルの上空から見る宮古島の海は絶景です。



宮古島果実のスイーツを味わう

来間島へとやってきた2人。宮古島の果実を使ったスイーツが自慢の「楽園の果実」を訪れました。残念ながらマンゴーの収穫期にはちょっと早め。それでも、宮古島産のメロンを贅沢に使ったメロンパフェや、完熟パイナップルのパフェなど、トロピカルフルーツを満喫しました。



プレゼント情報

ユー・グループから


TOYOTA86 オリジナル台座付き1/30ミニカー…3名様


CROWN×BEAMS GOLF オリジナルティーセット…5名様

番組から


海人Tシャツ(Mサイズ/Lサイズ)…各1名様


シーサー置物…1名様

応募フォームはこちら

https://www.abn-tv.co.jp/present/「信州をカーナビ-uぐるっtv」プレゼント/

★応募締切
・ハガキ申し込み 2016年6月6日(月) 必着
・HPからの申し込み 2016年6月5日(日) 24時まで