ホーム > CSR > 地域・社会のために

地域・社会のために

環境美化活動

ゴミ収集活動(年2回)

 

豊かな自然と美しい風土に恵まれた長野県をより住みよい生活環境にするために、ISO活動の一環として毎年春と秋の2回全従業員が参加して環境美化運動を実施しています。

ページの先頭へ戻る

トヨタ原体験プログラム

「自動車会社として子どもたちにできること」に取り組んでいきたいと考え「トヨタ原体験プログラム」がスタートしました。自動車は、ワクワク・ドキドキする走行を体験したり、エンジンやブレーキなどの機構を学んだり、世界の環境や経済を身近に感じたり、色々な体験の教材として活用していくことができます。誰しもが知っている「クルマ」を通じて子どもたちに、様々な体験をしてもらいたいと考えております。


小学校4年生向け出張授業「クルマ原体験教室」

空気エンジンカーの模型を使ったパワー&コントロールの実験をした後、実際の実車を使ったパワー&コントロールの実体験を行います。空気の性質を学び、エンジンのしくみや、パワーのすごさ、コントロールの大切さを体験します。


小学校5年生向け出張授業「クルマまるわかり教室」

クイズや映像により、クルマと環境、クルマができるまでの工程や、様々なエコカーなどを学習します。また、オリジナルボードゲーム「カー&エコゲーム」により、クルマと環境・経済との関わりについて学習します。

ページの先頭へ戻る

芸術・文化支援活動

習字公募・展示

長野県の各地域に密着した店舗を目指して、店舗では様々な芸術・文化活動を展開しています。

例えば、長野トヨペット篠ノ井店は、「交通安全書道展」として地域のお子様の作品を毎年展示しています。開催回数は昨年(2009年)までで24回となります。


コンサート

地域のお客様に、芸術や文化に触れて頂くために、著名な音楽家や歌手を誘致しコンサートを開催しました。

ページの先頭へ戻る

ハートフル広場

トヨタでは、お体の不自由な方やご高齢の方が、クルマを使って、より快適に移動できるよう、運転や乗り降りをサポートする機能を装備した「ウェルキャブ」シリーズをラインナップしています。

長野県下にはウェルキャブ車を展示した「ウェルキャブステーション」を設置し、お客様のサポートをしています。

ページの先頭へ戻る

レストラン(地産地消)

平成9年11月に完成した当グループ本社PRISMビル1階に、イタリアンレストラン「Inizia La Cucina」があります。

「Inizia La Cucina」とはイタリア語で“初めの台所”という意味です。

ページの先頭へ戻る

ゴルフコンペ(春秋ユーザー交流)

ゴルフを通じてお客様と交流を深める目的から、毎年、春と秋の2回にわたり、Uグループゴルフ大会を開催しています。

ページの先頭へ戻る

交通安全運動(春秋)

交通事故の低減をめざし、社会活動の一環として昭和44年から実施しています。毎年、保育園・幼稚園に交通安全紙芝居と絵本を寄贈しています。

ページの先頭へ戻る

安心の家活動(子供を守る安全パトロール)

長野県警察本部と協力し、お子様に関わる様々なトラブルや危険を未然に防ぎたいという強い願いから、全拠点を「こどもを守る安心の家」に登録しました。

また、サービスカーに「生活安全パトロール実施中」のステッカー掲出し、地域の安全に貢献しています。

ページの先頭へ戻る

タンザニア募金活動

 

トヨタUグループでは、飯綱町のレストラン「サンクゼール」で働いている店員でタンザニア出身の小林フィディアさんが活動されているタンザニア孤児の救済活動に共感し、タンザニアで孤児院を建設する為の募金活動に社員が協力しています。2010年11月29日、タンザニア特命全権大使(集合写真左から3番目)が本社プリズムビルに表敬訪問されました。